HOW TO ENJOY

ボートの遊び方

ボート遊びといっても遊び方は多種多様。釣りを楽しみたい方、クルージングを楽しみたい方など・・・。こちらではボート遊び方の一例をご紹介いたします。

ボートフィッシング

『マイボートといえば釣り!』

マイボートをお持ちになってたくさんのお客様が真っ先に想像するボートの遊び方です。元々釣りが趣味でボートに興味を持つお客様も多く、日本製のボートの大半は釣りを主体に考えられた設計になっています。釣り船とは違い、好きなタイミングで、好きなだけ大好きな釣りが楽しめるのがマイボートフィッシング。その分魚種によっては難易度も高く、非常にやりこみ要素の強い遊び方になります。

『初めてのマイボートで釣り方やポイントがわからない!』
そんな時はBOAT MANへお任せを!

釣り経験豊富なスタッフの情報を元に適切なアドバイスが可能です。また、費用は別途必要となりますが、お客様のボートに乗船して釣り方やポイント等を熱血指導することも可能です。さらにボートフィッシングに行く前の道具の選び方や仕掛けの使い方など、人にはなかなか聞けない内容もBOAT MANならひとつひとつ丁寧に指導致します。

image

外洋トローリング

『海の最速スプリンターと対決!VS カジキ!』

マイボートからの釣り方の一つにトローリングという釣り方があります。これは船を低速で走らせながら、船尾からルアーを流して釣る方法のことをいいます。原理としては船尾から流しているルアーが海面に当たって跳ねている様子を、カジキなどが逃げる小魚と勘違いしてしまうためと言われています。

『マイボートフィッシングには慣れたけど、少しでも大物を釣ってみたい!』
そんな方はBOAT MANと一緒にカジキやマグロ、カツオなどの大型魚とファイトしてみませんか?

カジキは最大で体重が900kg、全長5mになると言われています。そのボディーは高速遊泳に適応した流線形で強靭な筋肉を持っているために、海の最速のスプリンターとしてギネスブックにも登録されています。最速のバショウカジキは110km/h、マカジキなら80km/hとその速さは凄まじく、オリンピックの水泳選手(8km/h)と比較すればその速さは歴然。このため、ひとたびヒットすれば、その脅威のスピードが釣り人を襲います。その衝撃は病みつきになるそうで、カジキに魅せられたフィッシャーマンは日本国内で1万人を超すと言われています。

非常にパワフルで、エキサイティングな釣りですが、マイボートフィッシングの中では屈指の難易度があり、ヒットするチャンスも普通の釣りに比べて多いものではありません。そんなカジキとのビッグファイトを体感してみたい方はぜひBOAT MANにご一報を!
道具の貸し出しはもちろんのこと、適切な釣りポイントやヒットした時の適切な対処方法等を親身になってご指導いたします。

image

ボートクルージング

『ボートの上でのんびり優雅な時間を過ごしませんか?』

マイボートは騒がしい日常から抜け出せる自分だけの空間。マリーナでのんびり時間を過ごすのも非常に優雅で、ご家族との団らんに最適です。マリーナのみならず、近隣のマリーナやホテルへ移動してのお食事や、離島へ接岸しての宿泊なども可能です。

『週末遊びに行きたいけど、行き先がわからない!』
そんな時もBOAT MANにご相談ください。

近隣知識豊富なスタッフがお客様のご要望に合わせたプラン提案を行います。また、別途費用は必要ですが、乗船して操船代行することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

image

マリンスポーツ

『海の上で水しぶきを浴びながら風を切る爽快感を体感してみませんか?』

ウェイクボード

マリンスポーツにはいくつか種類がありますが、代表的なのはウェイクボード、水上バイク、スキューバダイビングなどがあります。ウェイクボードとはボートにハンドルのついたロープを設置して航行し、それをボート後部で握った人がスノーボードのような板に乗り、海面をすべるスポーツをいいます。似たようなスポーツにサーフィンがありますが、サーフィンは波がビーチに来ていないときはまともに波に乗れず、サーフィンができないことがあります。ウェイクボードであれば、ボートが引き波を必ず起こしてくれるため、波に乗れず楽しくないといった問題も起こりません。そして、ウェイクボード最大の特徴は海の上でしぶきを浴びながら、宙を舞えることにあります。空中で縦に、横に、そしてひねりを加えたエアリアルトリックは一度体感するとその虜になるほどの快感があります。

image
水上バイク

水上バイクとはその名の通り海の上を走るバイクです。最高速度が非常に速いことで知られていて、100km/hもの速度で海の上を高速走行することが可能です。さらに、通常のプレジャーボートよりも海面に近い位置で走行するため、そのスピード感はジェットコースターとは比べ物にならない程の爽快感があります。また100km/hまで加速するのに2.5秒しかかからない機種もあり、この加速はかの有名なフェラーリを超えていると言われています。その分、危険性も高く、事故例も多々報告されており、取扱いには非常に注意を要します。また、日本国内で水上バイクを運転するには小型船舶の特殊免許が必要になります。

image
スキューバダイビング

スキューバダイビングとはガスボンベを背負って、海の中で潜水することを指します。日常生活では水族館でしか見られない魚たちの優雅に泳ぐ姿を目の前で体感でき、大自然の美しさに出会えます。ライセンスが必要で慣れも必要なスポーツですが、慣れれば自由自在に海の中を舞うことができ、人魚になった気分を味わえます。また、地上の自然とは違い、海の中はとても神秘的で、景色は一味も二味も違います。特に洞窟や沈没船に光があたる瞬間は感動的で、さらに洞窟の内部では深い青い色の海が楽しめ、水中ならではの写真も数多く撮影することが可能です。

image