ABOUT

マイボートで釣る

初めての大海原も私達にお任せください。

マイボートでの釣りは全てが自由そのもの。好きな時間に好きなだけ好きな場所で釣りができます。しかし、初めてのボートではいつ、どこで釣りをしたらいいかわからないものです。

『マイボートを手にして釣りに出てみたけど、全然釣れない!』
『隣の釣り船は入れ食い状態なのに、自分の船ではまったく釣れない!』

そんなお悩みございませんか?

魚種にもよりますが、実は広大な海の中で魚が釣れるポイントというのは実は限られており、しかも釣れる時間帯も限られているのです。特に魚の活性が下がる冬場ではこれは顕著になります。しかも、釣りに使う仕掛けやその他の道具ひとつでもその釣果の差ははっきり出てしまいます。こちらでは簡単にマイボートフィッシングをするためのキーポイントをご紹介します。

詳しい詳細はBOAT MANに直接相談頂ければ、経験豊富なスタッフがお客様の対象魚種に合わせたコツを伝授いたしますので、お気軽にご相談ください!

マイボートフィッシングでの2つのポイント

対象魚種を絞ること

不慣れなときは一日に1魚種に狙いを定め、集中して同じ釣りをする方が釣果はよくなります。魚種によっては釣れる時間帯が極端に短く、そのタイミングを「時合い」と呼びます。対象魚種はその季節でその地域内でよく釣れている魚をマリーナなどで聞くのがよいでしょう。

仕掛けの選択

不慣れなときはルアーフィッシング(ジギング、鯛ラバ、インチクなど)を避け、餌を使った釣りを優先しましょう。ルアーフィッシングは昨今テレビなどでよく紹介され、簡単に青物などの大物魚種が釣れるように報道されていますが、実際には季節、潮、海の濁り具合などを考慮して、適切なルアーを選択していないとなかなかヒットに持ち込めません。ですが、餌釣りでは餌自らがそのにおい等で魚をおびき寄せて、ヒットまで持ち込んでくれます。その上、海底付近にはゴカイ類の好きなカサゴ類が多くおり、ポイントをあまり知らなくても最低限の釣果を得られることが多くなります。